雇用保険被保険者離職証明書のまめ知識
「保険のまめ知識」トップ > 雇用保険被保険者離職証明書、書き方・記入例

雇用保険被保険者離職証明書とは

雇用保険被保険者離職証明書」とは、離職した労働者を雇用保険から脱退させるための手続きに必要な書類の一つです。同時に提出する書類として「雇用保険被保険者資格喪失届」があります。

雇用保険被保険者離職証明書は、雇用保険に加入していた被保険者(労働者)が、離職または死亡などにより被保険者でなくなった場合に、離職日(死亡日)の翌日から起算して10日以内にハローワーク(公共職業安定所)に提出しなければなりません。

雇用保険被保険者離職証明書雇用保険被保険者離職証明書は、離職者が失業給付などを受ける場合には必ず必要になるので忘れずに提出するよう注意しましょう。 離職票が要らない場合は提出は不要です。

その他、離職者の出勤簿、退職辞令発令書類、労働者名簿、賃金台帳、離職理由が確認できる書類等も同時に提出することになります。


【用紙の入手・ダウンロードについて】

雇用保険被保険者離職証明書の用紙は、3枚複写の専用用紙を使用するのでハローワークのホームページなどからダウンロードすることはできません。
直接ハローワークに取りに行きましょう。郵送での取り寄せができるかどうかは最寄りのハローワークに直接問い合わせてみてください。

Sponsored Link

雇用保険被保険者離職証明書の書き方・記入例

雇用保険被保険者離職証明書 書き方と記入例【はじめに】

雇用保険被保険者離職証明書は、離職票が要らない場合(労働者本人が交付を希望しない等)には提出は不要です(ただし、59歳以上の退職者の場合には必ず必要です)。
雇用保険加入期間が短く、失業手当がもらえない場合は離職票は不要と考える人もいますが、社会保険を脱退し、国民健康保険に加入する際などに必要となることもあるので、雇用保険被保険者離職証明書は極力作成し、離職票も準備しておきましょう。

【雇用保険被保険者離職証明書の記入例ファイル】

下記文章をクリックすると画面が開きます。

雇用保険被保険者離職証明書 書き方・記入例(安定所提出用1/2)
雇用保険被保険者離職証明書 書き方・記入例(安定所提出用2/2)

雇用保険被保険者離職証明書 書き方・記入例(事業主控 PDFファイル)


雇用保険被保険者離職証明書の書き方・記入例【雇用保険被保険者離職証明書 記入のポイント】

  1. 離職証明書の2枚目(安定所提出用)の左の欄外余白部分に、捨印(代表印)を忘れずに押しておきましょう。窓口で書類を提出する際、訂正箇所があった場合に必要となります。
  2. 賃金支払対象期間」の欄は、は記入できる限り欄を埋めましょう。失業手当を受けるには、12ヶ月の被保険者期間が必要となります。
  3. 離職証明書の本人確認欄について、退職後に本人による記入・捺印が困難な場合は、「本人退職の為」と記載し、代表印を押印することで代替できます。
    離職理由については、不明な場合は必ず本人に確認しておきましょう。特に自己都合による退職の場合、失業手当の給付を受ける際の条件が厳しくなります。本人と会社側の意見・認識に食い違いが起きないよう注意しましょう。

Sponsored Link

雇用保険被保険者離職証明書の書き方・記入例・ダウンロード トップへ